文化と生活

フィリピンの芸能界とテレビ業界

フィリピンに住んでいると現地のテレビや、ニュースを見る機会が出てきます。実はとても芸達者と世界的にも言われているフィリピンの芸能界は一体どんな物なのか探っていきます。

フィリピンテレビ業界

2世タレント多め

日本でも珍しくはない2世タレントが、フィリピンでは圧倒的に多いです。フィリピンの芸能人の子どもは芸能人になることがほとんどです。フィリピンでは、芸能人以外で儲かる職業が少ない事も理由の1つかもしれません。

芸能事務所が無い

フィリピンの芸能人は各テレビ局と契約をします。日本のように事務所を持たず、テレビ局と契約する為、出るテレビ局も決まってきます。フィリピンのテレビ局は、「ABS-CBN」と「GMA」の独占している状態で、所属するタレントが多いと経営難になりかねない為、番組出演者の顔ぶれは基本同じです。

毎日同じドラマの放送

『フィリピンって再放送の番組多くない?』
ってちょっと思ってた。笑

月曜~金曜まで同じドラマが放送されてます。家でテレビ見ていても「昨日見たよな?」状態が1週間続きました。 各テレビ局が抱えているタレントの数が少ないため、日本のように、何本もドラマを制作することはできない事が理由ですね。基本的にテレビ局はまとめて撮影をして、一気に放映するというのが一般的です。なので同じドラマが月曜から金曜まで毎日同じ物が放映されます。

フィリピン人気タレント

バイス・ガンダ

お姉系の今凄くテレビで見る人です。ABS-CBNの看板スターの様で、トーク番組によく出ており、日本のマツコデラックスのような存在ですかね。

Angelica Locsin Colmenares

ABS-CBN所属の女優、モデル、そして映画プロデューサーも務める超万能型な方です。出演している映画が大ヒットし、気は確固たるものになっています。

“Facebook 引用元https://www.facebook.com/msangellocsin”

まとめ

フィリピン人は陽気でテレビ見てても笑顔が多く、言葉があまり分からなくてもなぜかテレビが楽しめます。バライティー番組であれば、少し理解出来る内容をあるので、もし機会があったら見てみて下さい。

関連記事