文化と生活

タクシーの初乗りが80円!?日本では見ないフィリピンの乗り物!在住者が解説します。

近年経済成長が著しいフィリピンは多くの人が首都圏へ行き来してます。

セブ島でいえば「IT park」という地域には毎日たくさんの労働者が訪れると言われています。

「IT paek」には毎日1万人以上が行き来しているらしいね!

そんな中で会社への交通手段としてセブ島にないもの。

電車です。

フィリピン人の交通手段は日本とは違うはず!

今回はフィリピンの乗り物について〈おれせぶ〉〈@OreCebu〉が紹介します。

タクシー

白色タクシー

マクタンの空港を出たらすぐに多くのタクシーを見ます。

フィリピンで旅行者が一番利用する乗り物が「タクシー」です。

フィリピンのタクシーの種類

  • 白色タクシー
  • 黄色タクシー
  • グラブタクシー
  • グラブカー
種類値段特徴
白色タクシー安い一般的なタクシー 初乗りは40ペソから
黄色タクシー高い主に空港で見る/空港へ行く際などで利用
グラブタクシーやや安いグラブアプリで利用 タクシーの種類は白色タクシーと変わらない
グラブカーやや高いグラブアプリで利用 ドライバーは個人の車を使用する為車内は綺麗

乗車後はメーターが動いているか確認
使用しないまま目的に着くと通常の倍以上の請求されます

おつりが返って来ない
高紙幣で支払いをしても細かい物が無いと言われ返ってこない時があります。予め準備を!!

モーターバイク

渋滞が続いている時や、近場で急ぎの時に良く使用します。
バイクで移動するのはとても気持ちがよいので混んでいない時は最高です。

乗り方としてはバイクのお兄さんは乗車したい人がいないか低速で運転してます。目が合うと手を上げてくれるので乗る際は同様手を上げるとお迎えに来てもらえます。

比較的すぐに捕まえる事も出来、急用の際は是非利用してみては!!

完全交渉の料金になるので、先に料金を伝える

真夜中の使用は控えるように
個人でやられてるいる物の為、中には危ない人もいる

ジプニー

庶民の足になっている乗り物です。
ジプニーはなんと言っても安い。どこから乗っても、目的地まで7ペソ(14円)。
ジプニーには行き先が車体に記載されており、走るルートが決まってます。初めはどこに行くか分からないので不安はあると思いますが、とにかく知らない所や、のんびり旅に出たい時にはぴったりです。

乗り方としては、歩道に立って乗りたいジプニーが来たら手を上げます。止まってくれる為素早く乗ります。シートベルトや、窓もないので解放的ですが反対に気をつけて乗る必要もあります。

土地勘がないと難しいかも??

支払いは目的地着いてからで問題なし
先に払う方もいますが、着いてからのお支払いをしても可能です。

トライシクル

東南アジアでは比較的多く見られる乗り物かなと思います。
バイクの横に2人ほど座れるように作られており、安定感はあります。
座席はバイクの後ろにも座れるので3人までは乗れる乗り物ですね。

セブ市ではあまり見ないですが、ビーチ付近や、山などで多く活用する機会があります。暑くて歩かず行く際に乗ると気分も風も気持ちいいですよ。

英語が分からない運転手が多々
目的地だけは伝えられるように準備

ヘルメット、シートベルトは基本的にないので十分に気をつけて乗車を!!

バン

市内と回る時、観光客の方がレンタルされて乗る事が多いです。使用時間によって料金は変わるので、沢山で利用する際はとても便利です。ドライバーにも同乗して貰えば目的地まで車内でゆっくり出来、快適です。

予約してバンの手配が出来る為、そちらの方が安心安全

・遠出の際はドライバーに休憩を!!

今回はセブにある乗り物を紹介しました。マニラには電車が走っているようで、近年で大きく変化しております。
電気自動車の普及に力を入れ始めており、フィリピン国内でも注目されております。
フィリピンの乗り物が電気自動車に変わるというのはイメージ出来ませんが、楽しみですね。

ルールを確認してから乗り物を乗る!

日本と違い決して治安がいいとは言えないのがフィリピンです。

私自身もぼったくりにあったり、目的地の途中で降ろされたり、、、、

文化が違う為フィリピンの文化を知るという意味でもルールを確認してから乗り物には乗ることをおすすめします!

フィリピンにいて紹介した乗り物は必ず乗ると思うのでぜひ参考にしてみてください!

▼こちらもおすすめ記事

関連記事