文化と生活

セブ島在住者が紹介するフィリピンへ来たら食べて欲しい美味しいフィリピン料理!食べやすい料理6つ厳選

フィリピンの料理食べてみたいけど口に合うかな

食べやすい物から食べてみたい

在住者の私が食べやすいフィリピン料理厳選してみました!

日本に長く生活している人、海外の料理をあまり食べない人、多くがフィリピン料理とは巡り合わないと思います。僕自身も日本で生活している時にフィリピン料理は食べたことなかったです。

そんなある日日本の友人から「フィリピン人ってどんな食べ物食べてるの?

フィリピンへ来る人はぜひ知っておきたい事、来なくても知識として知って頂く事もいいかと思い私がフィリピンへ来て、好きで食べている一般的なフィリピン料理を記事しようと思います。

今回はフィリピンのおすすめ料理を〈おれせぶ〉〈@OreCebu〉が紹介します。

この記事ではこういう事を書いています。

  • フィリピン料理の特徴
  • 食べやすいフィリピン料理
  • フィリピンの面白い文化紹介

フィリピン料理の特徴

フィリピンの料理は脂っこく、砂糖を入れて甘い味付けにしたりする料理が多いです。そして調理量を多く入れるイメージがあります。簡単な料理でも何時間もかけて料理する事もあります。

暑い国なので甘いものを食べたくなり、塩っけのものを食べたくなり揚げ物、炒め物が多いのも特徴です。炒め物や揚げ物が多い理由には、炒めてフライにすると保存期間が長くなるからとも言われています。

そしてフィリピンの主食はお米です。3食お米を食べる事は当たり前なのでここは日本と似ています。

今回は食べやすいフィリピン料理を厳選してみました。

おすすめフィリピン料理

Adobo(アドボ)

アドボは鶏肉や豚肉をお醤油やお酢で煮込んだ料理です。

アドボはフィリピンの食卓では定番の料理の1つです。お肉が柔らかくなるまで煮込まれていて、食感柔らかく味はお酢の酸味が適度に効いていてクセになります。

日本でいうと角煮に近い料理なのでイメージしやすいです。味には酸味があって癖があるので好まれる人が多いです。

Pansit(パンシット)

パンシットとは、麺を肉や野菜と一緒に炒めた焼きそばのような料理です。

フィリピン料理のレストランには必ずありフィリピンでは定番のメニューです。味はフィリピンでは珍しく薄めの塩味です。

ただ自分の好きな味にアレンジ出来るようにテーブルには魚醤やチリソースなどで好みの味に変身させていくのが一般的です。(味は提供されたものでもそれなりにあるのど一度食べてみてから調味料を入れましょう。)

日本では麺をおかずにご飯を食べる事はあまりありませんが、フィリピンではパンシットをおかずにご飯を食べます。最初は変な感じですが、味が濃いもので食べると意外とご飯といけちゃうので是非試してみてください!

Lechon(レチョン)

フィリピンのイベントで必ず食べるフィリンフードがレチョン

フィリピンでお祝いをする際なくてはいけない食べ物です。レチョンとは、豚を炭火でゆっくり焼き上げて作られる、豚の丸焼きです。

パリパリと香ばしい皮と、中はジューシーな豚肉の食感があって主食でもおつまみにもなる料理です。レチョンに添えられた甘いソースがお肉とよくあいます。

食べる際はこのまま丸ごと出てくるのではなく、食べやすいサイズに小さく切り分けられてくるので自分が食べたい量で注文出来るのが一般的です。

Bulalo(ブラロ)

ブラロは、牛すね肉を脂やコラーゲンがスープに溶け込むまでじっくり煮込んだ料理です。

肉がほぐれるほど柔らかく牛骨エキスのスープは塩味で整えられていて美味しいです。とうもろこしやさやいんげん、白菜などの野菜も多く入っていて、フィリピン料理で野菜を摂るならおすすめの一品です。

おいしい食べ方の一つとしてライスに汁をかけて食べるとお茶漬けのように食べやすいです。

Sinigang(シニガン)

シニガンはお肉や野菜が入って酸味のあるスープです。


シニガンはフィリピンの国民的料理の1つです。お皿にご飯を入れてカレーのようにスープをご飯に混ぜながら食べるのが一般的な食べ方です。 酸味が癖になる料理なので酸っぱい料理が苦手な方は合わないかもしれません。

具材は海老や、鮭、豚肉、白身魚など、バリエーションも豊富です。そして野菜が多く入っている料理でトマト、ダイコン、タマネギはシニガンにはかかせません。

フィリピン人は誰もが好きな料理ですが、酸味があるシニガンは日本人には好き嫌いが分かれるかもしれません。

Sisig(シシグ)

シシグはおかずとしてご飯と食べるほか、おつまみとしても人気の高い料理です。フィリピンの飲み屋には必ず置いてある定番料理です。

豚の顔や耳の肉をたまねぎや唐辛子と炒めて、お好みでカラマンシーを絞って食べるのが一般的です。生卵をのせて食べる事もあります。シーフードを混ぜて食べたりバリエーションが多くあってシシグ料理は幅広いです。

レストランでは熱い鉄板の上でジュージュー音を立てながら運ばれてくるので見るたび食欲をそそります

比較的シシグは今回紹介した中でも食べやすいの料理なので是非食べてみて欲しい一品です。

まとめ

まだまだおいしいフィリピン料理はありますが、今回はフィリピン料理の中でも食べやすい物を厳選してみました。

セブ島へ来てフィリピン料理を食べてみたいけど、何が食べやすいかで悩んでる方は是非紹介した6つの料理を試してみてください。そこまで癖がある料理ではないのでおいしく食べられるはずです。

以上、おすすめフィリピン料理のを在住者の〈おれせぶ〉〈@OreCebu〉が紹介しました。

SNSやってます!

ブログでは紹介しきれない情報も公開してます!
是非フォロー宜しくお願いします!

アカウント

▼こちらも知っておきたいフィリピンの文化

日本人男子必見!!フィリピン女性が好きなタイプはこんな人!

これも文化の違い?少し変わってるフィリピンの芸能界・テレビ事情!

日本だったら捕まっちゃう!?フィリピンの変わった乗り物特集

▼セブ島の留学生や、旅行者に良く読まれている記事はこちら

関連記事